PAGE TOP

OMNIBUS JAPAN

ENTRY!

あなたの思う駅と
クライアントの思う駅は
同じではない

09.

岩本 麻依子

マットペイント 2017年入社

私の仕事

自分のライブラリーにストックしていく架空の世界や、明治や江戸の街並み、予算の都合で撮影できない風景などの背景をCGで制作するのが主な仕事です。マットペイントの始まりは、実際に画材を使用してガラス板などに背景を描く、という2D的なものでしたが、CGソフトが進化した現在では、Photoshopだけに留まらず、3DCGソフトを利用して3D的要素のあるカットにも関われる仕事になっています。とはいえ、初期段階のベース作りなどでは2D的な作業も求められてきます。そのときに必要となるのが写真素材です。そのため、日頃から様々な空模様や、風景等を撮影し、素材として自分のライブラリーにストックしていくようにしています。

印象に残っていること

あなたの思う駅とクライアントの思う駅は同じではない尊敬するコンセプトアーティストのセミナーで聞いた「あなたの思う駅とクライアントの思う駅は同じではない」という言葉が印象に残っています。駅の絵を作ってほしい、という依頼一つとっても、クライアントは外国の大きな駅を、作業者側は日本の小さな駅をイメージしていたり、言葉だけでは頭の中のイメージを共有することがとても難しいんです。あるドラマの仕事で背景に昭和初期の工場を足してほしい、という依頼がきました。その際、クライアントのイメージする工場が、どのくらいの規模で、カメラからどのくらいの距離にあって、ストーリーの流れ的に寂しい風景にしたいのか、はたまた活気付いてる風景にしたいのか、などといったことを考えながら※イメージボードを制作し、クライアントと作業者側のイメージのすり合わせを行いました。そうやってクライアントの中にあるイメージを画というカタチにすることが私たちの仕事なんです。あと実はそのセミナーの講師が今は社内にいます。ちょっと贅沢な環境ですよね。
※映像のカット中、イメージを共有するため代表的なカットを描いたもののこと

向き合っていること

常にチャレンジし続ける常に表現の幅を広げていきたいという思いを強く持っています。今は特に3DCGソフトを集中して勉強していて、仕事でも今までやってきた手法ではなく、日頃勉強している事を積極的に使い、常にチャレンジし続けるよう心がけています。オムニバス・ジャパンではジェネラリストと呼ばれる作業の全工程をこなすことができるスタッフ、それもトップクラスの方が多く、気軽に分からない事を聞ける環境にあるのでとても助かっています。最終的には一人で担当カットのイメージ出しからコンポジットまで全工程をやっていければと思っています。

INTERVIEW

ほかの社員を見る