PAGE TOP

ENTRY!

OMNIBUS JAPAN

僕の仕事に枠はない

09.

山口 翔平

テクニカル 2012年入社

私の仕事

CG・VFX制作の効率化につながるプラグインやツールなどの研究開発をはじめ、撮影方法の研究や提案、トラブルシューティングやレンダリングファームの運用、360度映像の撮影におけるテクニカルディレクション、そしてAR、VRコンテンツの研究開発等、挙げればキリがないくらい多岐に渡る仕事を行っています。経験を積むごとに仕事が広がっていくイメージですね。また、チームリーダーとしてスタッフの適性を見ながら仕事のアサインを行うマネジメントも重要な仕事です。

印象に残っていること

僕の仕事に枠はない入社した当時のことですが、当時のCG業界ではカラーマネージメントがメジャーではなく、オムニバス・ジャパンでも導入していませんでした。大学でカラーマネージメントを研究していた僕は導入を提案。みんなが話を聞いてくれて導入に至り、今ではその運用が僕の仕事の一つです。
この会社には、年齢など関係なく適性を見て活かしてくれる環境、風土があるんだなと感じたのと同時に、僕の仕事には”ここまで”という枠は無いんだなと強く思ったのを覚えています。広くできるのも深くできるのも自分次第なんです。

向き合っていること

個人として、そしてチームとして新しい分野にチャレンジしていく会社全体の方針の中、個人として、そしてチームとしてその動きをどう推進、サポートしていくかが僕の課題です。より俯瞰的な立場で仕事を見ていくという事が必要になってきます。新しい分野へのリサーチや開発を、今までの業務とバランスを見ながらチームのみんなへ業務とバランスを見ながら割り振っていくというチームマネジメントにいま向き合っています。

山口 翔平のある1日

  • 11:30

    出社。まずはメールチェック、余裕があれば新規技術のリサーチも行ったりします。

  • 14:00

    導入した新規機材のテスト。この日は可搬型ドームシアターのテストを行いました。

  • 16:00

    スタッフのトラブルシューティングも大事な仕事。可能な限り対面で対応します。

  • 19:00

    これからセミナーへでてそのまま帰宅です。
    セミナーや勉強会に行くことは多いですね。

INTERVIEW

ほかの社員を見る